回復期リハビリとは

脳梗塞などの脳血管疾患や骨折、肺炎などの急性期治療を終えた方の日常生活動作能力の向上と自宅・社会復帰を目的として、一定期間に集中してリハビリを行うことです。
当院では医師、看護師、介護福祉士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医療ソーシャルワーカー、薬剤師、栄養士などの専門スタッフが共同でリハビリプログラムを作成し、リハビリを行います。

リハビリの内容について

患者様の疾患や自宅での状況を考慮し、一人ひとりに合わせたリハビリの目標を立て、実施していきます。
具体的には、リハビリ室を中心とした機能回復訓練(手足の曲げ伸ばし、立ったり座ったりする訓練)、病棟での日常生活動作訓練(食事動作、トイレ動作、入浴動作など生活の場面での訓練)、応用動作訓練(患者様の状態に応じて屋外訓練、家事動作訓練など)を行っています。また、退院に向けてご自宅を訪問し、動きやすい環境作りのアドバイスもおこなっています。