理事長挨拶

 当院は1966年、故水野昭平先生によって創業され、いくつもの関連施設を擁する総合 病院に発展してまいりました。水野先生は「誠実」という言葉がピッタリのお人柄で、生涯を「患者の立場にたった医療」に捧げられました。 先生の精神は病院のいたるところに根付いております。
水野先生が抱いておられた水野記念病院の理念を私なりに要約すると次のようになります。

  1. 病院は患者さんの為にあります。水野記念病院は患者さんの悩み苦しみを共有し、奉仕する病院です。その為に常に高い技術的学問的レベルを追究し、近隣に限らず遠方からでも患者さんが訪れたくなる病院をめざします。
  2. 職員は病院の財産です。全員が協調性を重んじながら真剣にそして楽しく仕事をします。病院は優れた人材の育成、確保に努め、職員一人一人を守り大切にしてゆきます。
  3. 健全な病院経営を目指します。患者さんを守る為には安定した事業運営が不可欠です。安全な医療環境を整えつつ、必要なところには適切な投資をおこない、強固な財政基盤の構築をめざします。

水野記念病院の理念を高く掲げ、私は全職員とともに病院の発展に全力を注いでゆきます。

理事長・院長
鈴木 茂夫