臨床検査室

臨床検査室では臨床検査技師が採血や、尿検査、血液検査、心電図など生理検査を行っています。
当検査室では診療前検査や迅速検査を積極的に組み入れ、検査結果を診療科に連絡し、診療診察の手助けになるように、速く正確な検査を、スタッフ一同日々心がけています。
また、休日や夜間の診療を行っていない時間に関しても、検査技師が当番制で待機して緊急時に備えています。

主たる検査案内

尿検査

尿中に蛋白質や糖が出ていないかを調べます。
顕微鏡を用いて尿の内容物を調べます。

血液検査

白血球や赤血球の数を調べて、貧血や血液の状態を確認します。

生化学検査

血液の成分(GOT、GPT、コレステロール、尿酸等)を調べて肝臓や腎臓の状態を確認します。
感染症(B型肝炎、C型肝炎、梅毒等)を調べます。

輸血検査

クロスマッチ、交差試験とも呼ばれている検査で、輸血が必要になったときに、血液製剤と本人の血液との相性を調べ、輸血を行った時の体の適応を調べます。

心電図

心臓の動きの状態を調べます。

超音波検査

心臓の動きや、肝臓、胆のう、腎臓の状態を調べます。

サーモグラフィー

体の温度分布を調べ、血流の滞りなどを確認します。

眼底検査

目の奥の血管を調べます。

動脈硬化検査

血管の硬さや血液の流れ具合を調べます。

脳波検査

てんかん等、脳の状態を調べます。

ホルター心電図

24時間の心臓の状態を調べます。

肺機能検査

肺活量等を調べます。

眼圧検査

緑内障を調べます。

筋電図検査

筋肉や神経の状態を調べます。