内科

(神経内科・呼吸器内科・循環器内科・糖尿病科・消化器内科)

外来の診療は「水野クリニック」で受け付けております。
入院は「水野記念病院」で受け入れます。

  水野記念病院は長く整形外科病院として地域の中心的役割を果たしてきました。しかし、高齢化が益々すすむ今日、老年病と呼ばれる種々の内科疾患に十分に対 応できる内科医がいなければいかなる病院であっても質の高い医療を提供するのは困難になっています。その点、当院内科は安心して診療をおまかせ頂けるもの と自負しております。入院診療は呼吸器、循環器、神経内科を専門とする常勤医が知識と技術を結集して診療にあたります。今日の内科治療は複数の慢性疾患を 併せ持つ高齢者に対していかに調和のとれた薬物治療を施すかが重要であり、総合診療力が必要とされています。当院内科の常勤医は2次救急病院である当院の 事情に適したバランスのとれた総合診療医をめざして日々研鑽を続けております。かかりつけの患者が入院中に呼吸不全や心不全が重症化した場合、急性期には 人工呼吸管理(HAMILTON・C2, Servo S等)および非侵襲性陽圧換気療法(BiPAP vision、在宅型BiPAP)による集中治療も行っています。一般病棟144床すべてが混合病棟であり満床以外は診療科にかかわらず常に入院が可能な 体制となっています。したがって、診療科間の障壁はなく気管切開術や経皮内視鏡的胃ろう造設術 (PEG)なども外科と緊密な連携のもと迅速に施行することが可能です。外来では消化器内視鏡や呼吸 器内視鏡を用いた診断および治療はもちろんのこと、糖尿病内分泌、神経筋疾患、認知症、血液疾患、消化器疾患に精通した非常勤医師を揃えており同等規模の 病院の中では都内でも最高水準の医療を提供できるという確信を持っています。水野クリニックは2014年より建物を拡張し、床面積が約2倍となり、一層充 実した診療が可能となりました。内科的疾患の治療で闘病期間が長くなると、高齢者では全身の筋力低下 および関節の拘縮、精神面での機能低下が起こり、いわゆる廃用症候群という症状を呈します。これは本人のみならず家族にとっても退院後安心して自宅で過ご せる状態ではありません。その点、水野記念病院は経験豊富な多くの理学療法士がおり、通常の理学療法に加え嚥下機能訓練、呼吸リハビリテーションなどを取 り入れて、入院直後から廃用症候群防止のリハビリが可能です。さらに、急性期医療が一段落した後、リハビリを目的として長期入院が継続できる水野記念リハ ビリテーション病院(90床)を有することも当病院の特徴の一つであり、アフターケアの充実した病院として都内でも数少ないものです。2012年4月には 218床の水野老人保健施設が完成し現在ほぼ満床となっております。様々な事情で自宅での介護が困難な場合には水野老健施設に入所され、共同生活とリハビ リにより精神面および身体面での機能改善をはかることは本人家族の双方にとり有益なものです。

以上、外来、入院、入院後のアフターケアーのすべてを総合すると都内で当院に匹敵する病院を探すのは容易ではないことがご理解頂けると思います。

外来担当表

外来の診療は「水野クリニック」にて受け付けております。
外来担当表(水野クリニック)はこちら

糖尿病診療について
当院には、糖尿病専門医がいます。糖尿病診療の詳細は以下をご覧ください。

担当医師

常勤医師

内科>櫻井先生
名前 櫻井 雅紀(さくらい まさのり)
役職 副院長
出身校 昭和57年 東北大学医学部卒
資格等 医学博士
平成12年 東京都医師会医学研究賞受賞
内科>鬼島先生
名前 鬼島 正典(きじま まさのり)
役職 内科医長
出身校 昭和59年 島根医科大学医学部卒
資格等 医学博士
日本神経学会専門医
日本内科学会認定医
内科>田丁先生
名前 田丁 洋基(たちょう ひろき)
役職 内科医長
出身校 昭和60年 山口大学医学部卒
名前 西川 彩歌(にしかわ あやか)
出身校 平成11年 大分医科大学医学部卒
資格等 日本内科学会認定医・専門医
日本呼吸器学会専門医
身体障害者福祉法の規定による指定医師
内科>戸田先生
名前 戸田 隆洋
出身校 平成16年 東邦大学医学部卒
資格等 日本糖尿病学会専門医
日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
日本医師会認定産業医