薬局

患者さんに喜ばれる薬剤師を目指して
薬局では薬剤師7名、調剤補助3名のスタッフで構成され、入院患者さんを対象に下記の業務を行っています。

調剤業務

医師の処方に基づき、入院患者さんの薬を調剤します。
注射薬も氏名・投与方法などを記載して、患者さん毎にセットしてから一日分ずつ病棟へ払出をします。
調剤した薬は、他の薬剤師が監査をし、量・相互作用なども含めダブルチェックをします。
分包(一包化)したのみぐすりは、飲み間違いのないように色をつけています。
(朝―黒、昼―赤、夕―緑、寝る前―青)

薬剤管理指導業務(服薬指導)

入院患者さん毎に薬歴(薬のカルテ)を作成し、既往歴・アレルギー歴・持参薬の内容、使用中の薬の内容、服薬指導の内容、必要な検査データ、などを記載しています。
患者さんへの薬の説明は、ベッドサイドにて行います。
説明する時には、薬の効果が出ているか、副作用はないか、わからないことはないか、なども確認します。
退院時や希望時には、薬と一緒に説明書もお渡しします。

医薬品情報提供業務(DI業務)

新薬・副作用などの新しい情報を収集し、病院スタッフに必要な情報を提供しています。
医師・看護師からの問い合わせがあった場合にも、その場で対応できるようにしています。

在庫管理

薬品・医療材料の購入・病棟への払出・期限管理・在庫管理を行っています。
期限・在庫はコンピュータを使って管理をします。
緊急時に使用する救急カート内の薬品については、 定数・期限のチェックを毎月行います。

その他

日々進歩する医療のために、薬局内で勉強会を開催しています。
製薬会社の方から新薬の説明を聞いたり、学会や勉強会に参加して得た事などを発表します。